失業保険と退職理由 会社都合と認められるには
どういった事情なら、特定受給資格者(会社都合)と認められるかというと、「離職(退職)を余儀なくされた」人です。(余儀なくされたが分かりにくければ、辞めたくないのに、辞めさせられた、辞めるしかなかった、くらいに思ってください。)

自発的に仕事を辞めたいと思って退職した人は、あなたが自分で選んだことじゃない?
とんでもないミスをやらかして懲戒解雇になった人は、解雇されたのには、あなたに責任があるんですよね?
ということで「離職を余儀なくされた」には当てはまりません。

会社が倒産した、リストラにあった人は離職を余儀なくされた人なので、特定受給資格者(会社都合)と認められます。

倒産・リストラ以外にも特定受給資格者(会社都合)と判定される退職理由があります。
なにも落ち度はないのに、会社から解雇を言い渡された場合や、労働条件が劣悪だったり、上司や同僚から激しく嫌がらせをされた場合などです。

退職理由が、倒産・リストラ・解雇以外の場合の場合は、特に、ご自身に当てはまる項目がないか考えてください。

a)倒産・リストラによる退職
(1)倒産(破産、民事再生、会社更正等の手続の申立て又は手形取引の停止等)に伴い離職した者
(2)事業所において大量雇用変動の場合(1ヵ月に30人以上の離職を予定)の届出がされたため離職した者及び当該事業主に雇用される披保険者の3分の1を超える者が離職したため離職した者
(3)事業所の廃止に伴い離職した者
(4)事業所の移転により通勤困難となったため離職した者

b)解雇や特段の事情による退職
(1)解雇(重責解雇を除く。)により退職した者
(2)労働契約の締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違したことにより離職した者
(3)賃金(退職手当を除く)の額の3分の1を超える額が支払期目までに支払われなかった月が引き続き2ヵ月以上となったこと等により離職した者
(4)賃金が、当該労働者に支払われていた賃金に比べて85%未満に低下した(または低下することとなった)ため離職した者(当該労働者が低下の事実について予見し得なかった場合に限る。)
(5)離職の直前3ヵ月間に連続して労働基準法に基づき定める基準に規定する時間(各月45時間)を超える時間外労働が行われたため、又は事業主が危険もしくは健康障害の生ずるおそれがある旨を行政機関から指摘されたにもかかわらず、事業所において当該危険若しくは健康障害を防止するために必要な措置を講じなかったため離職した者
(6)事業主が労働者の職種転換等に際して、当該労働者の職業生活の継続のために必要な配慮を行っていないため離職した者
(7)期間の定めのある雇用契約の更新により3年以上引き続き雇用されるに至った場合において、当該雇用契約が更新されないこととなったことにより離職した者
(8)上司、同僚等からの故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせを受けたことによって離職した者
(9)事業主から直接もしくは間接に退職するよう勧奨を受けたことにより離職した者(従来から恒常的に設けられている「早期退職優遇制度」等に応募して離職した場合は、これに該当しない。)
(10)事業所において使用者の責めに帰すべき事由により行われた休業が引き続き3ヵ月以上となったことにより離職した者
(11)事業所の業務が法令に違反したため離職した者

読んですぐ分かるものもあれば、・・・微妙。の項目もあると思いますので、ばっさりと説明していきます。
倒産に伴い退職した場合
| 失業保険と退職理由 | 23:31 | comments(6) | trackbacks(0) |
失業保険と退職理由 退職理由とは
失業保険をもらおうとする退職者はたくさんいます。(私もその1人です。)
しかし、みんながみんな同じ扱いを受けるわけではありません。
雇用保険に加入していた期間や退職時の年齢も、どんな扱いを受けるのかを左右しますが、失業保険をもらうときに、一番大きく影響するのが、退職理由です。(ハローワーク語では離職理由)

退職理由は、会社都合と自己都合に分けることができます。

退職理由によって、失業保険をもらえる期間(日数)タイミングなどが変わります。(雇用保険に加入していた期間が1年未満の場合と雇用保険に加入していた期間が、1年以上5年未満で45歳未満の方の場合はもらえる期間は変わりません)

そのほかにも、職業訓練校に合格しやすくなるかどうかというのもあります。

会社都合というのは、倒産、解雇などにより、再就職の準備をする時間的余裕もなく、退職を余儀なくされた場合(特定受給資格者)

自己都合というのは、会社都合以外の理由で退職した場合です。
自発的に退職した方や、定年退職した方、解雇の中でも、重責解雇と呼ばれる、自己の責任による重大な理由で解雇された場合はこちらに該当します。

まぁ、お店で食べることは、あんまりないんですが、うなぎの松と梅です。美味しさがかなり違います。
お気付きだと思いますが、会社都合=松、自己都合=梅です。

どうして、会社都合の場合は優遇されるかですが、

お役所の発想だと、
会社都合の場合、退職する人に落ち度はない。
自己都合の場合、退職する人が自分の意思(希望)で辞めた。なので、どうしても、会社都合の人を保護しがちです。

確かに、いつも通り出勤したら、自分の会社のドアに【倒産しました】って張り紙がしてあった人と自発的に会社を辞めた人と、同じ扱いにするのは、気の毒です。

会社が倒産した人にしてみれば、「何も俺は、仕事を辞めたくて辞めたわけじゃない、会社が潰れただけ!」と怒られそうです。
なんの心構えもなく収入を絶たれた人に、「みんなと同じだから、4ヶ月待ってね。」というのは、酷すぎるので、会社都合の人が優遇されるのは、まぁ、当然かなぁと思います。

では、どのような事情であれば、退職理由が会社都合と認められるのか、次回から見て行きます。

どのような退職理由が、会社都合と認められるのか
| 失業保険と退職理由 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。