<< 基金訓練とは その9 求職の申込み | main | 基金訓練とは その11 訓練実施機関へ連絡 >>
基金訓練とは その10 職業相談(キャリア・コンサルティング)
JUGEMテーマ:ビジネス
 
ふぅ〜、ようやくキャリア・コンサルティングですね。

ハローワークが担当している仕事は多岐にわたっているため、
職員の方全てが全て、基金訓練についてご存じのわけではありません。

カウンターに座ってらっしゃる方=すごく知識がありそうに見えますが、
正規の職員よりも嘱託さんの方が多く、そういう方は一つのお仕事しか担当しないので、
担当の仕事に関する知識はあっても、それ以外に関しては私たちと同じ、
下手をすると私達よりも知識がないこともあります。
取り扱う分野が幅広く、制度もコロコロ変わるのでいたし方ありません。

求職の申込みの段階で、積極的に基金訓練の話を出して下さる担当者の方、そうでない方様々なのは、このあたりも影響しているのでは?と個人的に思っています。

キャリア・コンサルティングを担当されるのは、職業訓練担当の方なので、
「基金訓練?そんなのあるんですか」と仰る方はいらっしゃいません。
安心して、相談なさってください。

ただ、注意していただきたいのは、基金訓練のコースはとても多く、
似たようなコースが同時期、もしくは過去に開講されていた場合もあって、
職業相談担当の方でも、細かい内容まではとうてい把握ができないという事です。

やはり早期再就職を支援する制度なので、これまでのキャリアの延長線上にあるコースを薦められることが多いのですが、
その発想はなかったな〜、確かにこの知識があれば選択肢増えそう!というコースの提案があったりするのも面白いです。

うーん、このままだと定員に満たずで、開講されないかも……というコースや、
たまたま、今日が受講申し込み締め切り日だけど、どうですか?という場合もあります。

私・俺には絶対このコースしかないっ!と凝り固まられるのも、
職員の方に押し切られて興味のないコースに申し込まれるのも、
どちらも非常にもったいない事です。

せっかくの機会ですので、この先、5年後・10年後、どういう仕事をして、どんな自分でいたいのか、
それを実現するためには何が必要なのか?というのを考えてコースを選ばれると良いのでは?と思います。

キャリア・コンサルティングが終わって、受講したいコースが決定したら、
「受講申込書」を作成してもらい、訓練実施機関へ連絡を取ります。

訓練・生活支援給付金制度の利用を希望される場合、
キャリア・コンサルティングの段階で、制度や必要書類に関しての説明があります。

もしも、何も言ってもらえない場合はご自身からお申し出下さい。
| 基金訓練とは | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/980034
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。