<< 失業保険 その7 被保険者期間とは?(中編) | main | 失業保険 Q&A アルバイトは失業保険に入れないの? >>
失業保険 その8 被保険者期間とは?(後編)
※2007年9月30日以前に退職された方は、被保険者期間とは?(後編)をご覧下さい。

それにしても、わがままなポイントカードですよね。
こんなポイントカードがあったら、ちゃぶ台投げますが…、
ですが、これが失業保険ワールドなのです。
細かいルールを知らないと、落とし穴にはまりそうだと思いませんか(涙)

なんとなくお分かりだと思いますが、前回の例えの

・還元されるポイント=失業保険でもらえるお金(基本手当)です

・ポイントカードの加入期間=被保険者であった期間

・ポイントの対象になるのは(算定対象期間)来店日(退職日)前の2年間。2年間のうちポイントに反映される月(被保険者期間)が、12ヶ月以上必要
◇12ヶ月ないと→失業保険はもらえません

・ポイントに反映されるかどうかは、1ヶ月の来店回数が11回以上あるかで判断されます、1ヶ月に11日以上働きましたか?という事です

◇1ヶ月に11日以上働いていないと→その月は失業保険の金額を計算する月にはなりません
◇有給休暇を取った場合→働いた日数(賃金支払基礎日数)としてカウントできます

※この1ヶ月は、普通のカレンダーと区切り方が違います※
退職日の翌日(資格喪失日)から1ヶ月ずつさかのぼって区切ります、(12月25日退社なら、12月25日から11月26日、その次は、11月25日から10月26日という風に)

・還元されるポイント(失業保険の金額)は、ポイントが反映される月(被保険者期間)の利用額(給料の額)で決まります

・どの月のポイントを還元の対象にするか、あなたが選ぶことはできません
退職日に近い月から、順に被保険者期間になるかどうかを判断されます。

算定対象期間は、短時間労働被保険者とそれ以外の一般被保険者が一本化されたため、余裕を持った設定になっています。

算定対象期間は2年ですが、2年間働いていないとダメという事ではありません。
被保険者期間が12ヶ月あれば良いので、最短12ヶ月で失業保険はもらえる事になります。
(もちろん、11日以上働いた月が12ヶ月必要です)

さて、それでは、あなたはいつ失業保険をもらえるんでしょうか?
| 失業保険 | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/739965
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。