<< 雇用保険法改正 教育訓練給付制度について | main | 失業保険 その5 失業保険は誰でももらえる? >>
雇用保険法改正 被保険者資格、受給資格要件について
2007年10月1日から、雇用保険法の一部が変更されます。

皆さんが一番興味を持たれそう、かつ、大きな変更点として、
被保険者資格及び受給資格要件の一本化があります。

長い説明は必要ない、結論だけ言いやがれ!という事であれば、
最低1年以上働かないと、失業保険がもらえなくなります。
(雇用保険の基本手当の受給対象になりません)

これまで一般被保険者は、
・短時間被保険者
・短時間以外の被保険者に区別されていました。

短時間被保険者は、パートさんアルバイトさんをイメージしてもらうと良いでしょうか、
(a)1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満
(b)1年以上引き続き雇用されることが見込まれる
の両方を満たし、雇用保険に加入されている方です。

短時間被保険者が失業保険をもらうには、
離職日以前2年間に、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある。
というのが要件になっていました。

短時間以外の被保険者は、65歳未満で正社員といったフルタイムや週30時間以上お仕事される方で、
失業保険をもらうには、
離職日以前1年間に14日以上働いた月が6ヶ月以上必要でした。

短時間被保険者と短時間以外の被保険者の区別がなくなることによって、

・離職日が、2007年10月1日以降の方が失業保険(雇用保険の基本手当)を貰うには、離職日以前の2年間に、12ヶ月以上の被保険者期間が必要になります
=雇用保険に加入して+月の内11日以上働いた月が12ヶ月以上必要です。

※ただし、倒産・解雇等により退職した場合は、(特定受給資格者に該当する場合)離職日以前の1年間に、6ヶ月以上の被保険者期間があれば、失業保険を貰える対象になります。

こう書くと、短時間被保険者と、短時間以外の被保険者の区別がなくなったのが、悪いようにも思えますが、
短時間被保険者⇔短時間以外の被保険者の加入期間が、累積してカウントできるようになったり、
加入要件がスッキリしたので、よい面もあると思います。
| 2007年10月改正のポイント | 21:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
初めまして、退職.jp管理人jun2と申します。
コメントありがとうございます。
出先からで、コメントの承認ができず、
新規記事にて、回答させていただきました。

ようやくコメントを承認できる環境に戻りましたので、
同じ内容ですが、こちらにもコメントをしておきます。

〉雇用保険制度は適宜されますか?
というコメントからは、何を疑問とされているのか、読み取れなかったのですが、
雇用保険の加入対象になりますか・なりませんか?ではなく、
雇用保険(基本手当=失業保険)の支給の対象になりますか・なりませんか?ということかと思います。

雇用保険には加入されていたという前提で話を進めますが、
被保険者期間が(雇用保険に入っていた期間)7ヶ月では、失業保険の対象にはなりません。
2年間に1年以上の被保険者期間が必要です。   
ただし、倒産・事業所の閉鎖、自己に非の無い解雇など、いわゆる会社都合の場合、1年間に6月以上の被保険者期間で、失業保険の給付対象になることがあります。
退職後2週間ほどで離職票がご自宅に到着しますので(派遣だと1ヶ月以上かかります)
そちらでも退職理由をご確認下さい。
その離職票1枚で失業保険の対象になるかどうか、明記はしてあります。

会社都合なのに、自己都合にされてる!
失業保険もらえそう!
直近で仕事をしていて、すぐに転職し、失業保険もらってない!通算したら2年間で1年以上被保険者期間あるかも?という場合。
ご自身のハローワークにてご相談なさってください。

いや、そうじゃなくて、雇用保険の加入対象になるかどうかが疑問という場合、
お手数ですが、再度コメントを下さい。
| jun2 | 2009/03/10 12:36 AM |
生命保険会社で7ヵ月で退社しましたが、雇用保険制度は適宜されますか?
| 秋 | 2009/03/04 12:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/739399
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。