<< 教育訓練給付 その4 1日違いで給付金がもらえない? | main | 教育訓練給付 その7 教育訓練給付金の申請手続き >>
教育訓練給付 その5 支給要件期間を確認する
※受講開始日が2007年9月30日以前の方は、支給要件期間を確認するをご覧下さい


受講開始日時点で支給要件期間が年以上(または、初回のみ年以上)あるかわからない。
受講開始日時点で被保険者の資格喪失日から1年以内かどうかわからないなど、
教育訓練給付金の対象になるかどうかわからない場合、

支給要件照会をしましょう!(照会=問い合わせ)

□向かう場所□
ご自身の住所を管轄するハローワークです

□手続き□
教育訓練給付金支給要件照会票に必要事項を記入して提出します
どの窓口に行けば良いか分からないと思いますので、
「教育訓練給付金を受けられるか確認したいんですけど、どこに行けばいいですか?」と、入口近くにいる職員の方に聞いてください。

□必要な書類□
運転免許証、国民健康保険被保険者証、雇用保険受給資格者証
住民票の写し、印鑑証明書といった本人確認書類
※教育訓練給付金支給要件照会票に記入する箇所があるので、
雇用保険の被保険者番号が分かるものがあれば便利です。
(分からなくても職員の方に調べてもらえます、あるとスムースです)

□結果□
教育訓練給付金支給要件回答書でわかります
(1)現在の支給要件期間が何年何ヶ月なのか
(2)退職者の場合、いつまでに受講を開始すればよいのか
(3)受講する予定の講座名も照会票に記入した場合、
その講座が、教育訓練給付の対象になるかどうか
    
郵送での照会□
可能、ただし身分証はコピーを送ってください

代理人による照会は□
可能、ただし委任状も必要になります

電話での照会□
不可、トラブル防止のためだそうです。
まぁ、電話で本人確認は難しいので、当然といえば当然です。

支給要件照会をしなくても、教育訓練給付は受けられます
支給要件期間をバッチリ満たしてる、問題ない。という方は、
なさる必要はありません。
あくまでも、ご自身が教育訓練給付を受けられるかどうかわからない・・・という時に、安心する為にご利用下さいね。

では、講座をすぐにでも申し込みたいところですが、
その前に注意していただきたいことがあります。
                  講座を申込む前の注意点
| 教育訓練給付 | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/739363
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。