<< 失業保険と退職理由 退職勧奨、会社の長期休業、法令違反による退職 | main | 再就職が決まったら 就職の届出が必要です。 >>
失業保険と退職理由 期間満了に伴う退職(更新歴の無い場合)
特定受給資格者として認められる要件の一つに、
・期間の定めのある労働契約の更新により3年以上 引き続き雇用されるに至った場合において当該労働契約が更新されないこととなったことにより離職した者、というものがありました。
その会社で、契約の更新を1回以上、3年以上働き続けていたのに、契約の更新をされなくて退職された場合です。(ここまでの話がワカランという方は、先に期間満了に伴う退職をご覧下さいね。)

今回は、契約の更新は一度もしてない。更新はしたけど3年以上働いてない。
でも、契約の更新はしません。と会社から言われてしまいした、という方のための話です。

この場合ですが、契約の更新1回以上、3年以上働いていたという要件には該当しませんので、特定受給資格者とは認められません。
では、自発的に仕事を辞めた自己都合の人と全く同じ扱いになってしまうのかというと、そうでもありません。(ホッ)

会社から契約の更新をしないと告げられたあなたに、何の落ち度もありませんよね?
ただ、会社にしても、長期安定的に雇っていたわけではないので、契約の更新をしないことに大きな落ち度はないのです。
会社が悪いわけでも(会社都合)、あなたが悪いわけでもないので(正当な理由の無い自己都合退職)、ちょうどその中間になります。(正当な理由のある自己都合退職)

お品書きにしてみると、
松:特定受給資格者(会社都合)=給付制限無し、所定給付日数の割増有
竹:正当な理由のある自己都合退職=給付制限無し、所定給付日数の割増無
梅:正当な理由の無い自己都合退職=給付制限有り、所定給付日数の割増無

松の条件には残念ながら、当てはまりませんでしたが、竹を注文することが出来ます。
所定給付日数の割増はありませんが、給付制限なし、ということで、自発的に仕事を辞めた人よりは、優遇されています。

まぁ、給付制限なしと言っても、実際に失業手当をもらうまでに1ヶ月以上かかりますが(苦笑)

派遣社員の方に関しては、この要件がそのまま、通用するわけではありません。
契約期間満了後すぐに、自分から派遣元に離職票を請求すると、「正当な理由の無い自己都合退職」の離職票が送られてくることがあります。

それでは、梅です。給付制限がついてしまいます(涙)酷すぎます。

これを回避するためには、「離職票の発行を請求せずに、1ヶ月待つ」という手段があります。1ヶ月たっても、次の仕事を紹介できない場合、竹の離職票を発行せざるを得ないのです。これが、俗に言う、派遣の1ヶ月待期です。派遣会社と派遣社員の駆け引きですね。

中には、契約期間満了後、次の仕事が決まりそうじゃないとわかると、満了後すぐに、給付制限無し(竹)の離職票を送ってくれる派遣会社もあるようです。

本当に、派遣会社で、コーディネーターさんで大きく差のつくところだと思います。派遣社員の方には、信頼できる派遣会社やコーディネーターさんを選ばれるのと共に、契約期間満了の前に、コーディネーターさんに、「次の仕事が見つからない場合はどうなるんですか?」と軽く探りを入れることをおススメしてます。
| 失業保険と退職理由 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/339309
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。