<< 失業保険と退職理由 不当な配置・職種転換などの場合 | main | 失業保険と退職理由 職場内でイジメ・嫌がらせ、セクハラを受けた場合 >>
失業保険と退職理由 契約期間の満了に伴う退職・雇い止めの場合
(7)期間の定めのある雇用契約の更新により3年以上引き続き雇用されるに至った場合において、当該雇用契約が更新されないこととなったことにより離職した者
・期間の定めのある雇用契約(労働契約)を結んでいて
・これまでに、雇用契約(労働契約)が1回以上更新されたことがある
・3年以上引き続き雇用されるようになっていて
・次の更新を希望したにもかかわらず契約が更新されなかった
ので、退職したという場合です。

期間の定めのある雇用契約というのがわかりにくいかもしれませんが、正社員の方以外の方は、「期間の定めのある契約」で働いている場合が多いです。
普段は意識されていないかも知れませんが、労働契約書には、3ヶ月更新・半年更新・1年更新等の記載があると思いますので、ご確認下さいね。(労働契約書をもらってない・記載がないというのは、法律違反なので、その点は会社に突っ込んでください。会社には労働条件を明示する必要があり、その中でも重要なものは、書面に記載して労働者に渡す義務があります、期間の定めの有無、期間の定めがあるならばその期間、というのはそれに該当するので、もらってくださいね。)

正社員のように安定していないとはいえ、その職場でのお仕事が長くなったり、更新が度重なると、まぁ、次も更新してもらえるかな?この職場で働き続けるだろうな、と思うのが人情です。こちらとしては、次も更新するつもりでいたのに、会社の方から、「契約の更新はしません」と言われて、退職したのに、自主的に会社を辞めた人と同じ扱いというのも酷な話です。

さんざん期待を持たせておいて、なによ!結局更新してくれなかったのね(怒)私じゃなくて、会社が悪いのよ!会社の都合で辞めたんだから!といえるためには、
会社が次の更新を期待させるような行動をこれまでに取っていたのかどうかが問題になります。それが先ほどの、箇条書きの部分の、「契約が1回以上更新されたことがある」かつ「3年以上引き続き雇用された」というものです。

※定年退職後の再雇用時に契約更新の上限が定められてる場合などあらかじめ定められていた再雇用期限の到来に伴い離職した場合はこの基準には該当しません。

□ハローワークに持参したい書類□
労働契約書、雇入通知書、就業規則、契約更新の通知書、タイムカードなど

契約は1度も更新してない、3年以上働いてない、会社からは契約更新しないと言われた・・・という場合も多いと思いますので、それは別にエントリーします、少しお待ち下さい。
| 失業保険と退職理由 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/337645
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。