<< 転職への道 自分の市場価値を知る(年収査定とは) | main | 失業保険をもらえるか確認 フローチャート >>
転職への道 適性診断を受けてみる
なかには、どんな仕事をしたいのか、自分にはどんな仕事が向いているのか分からない・・・。という方も多いでしょう。
次はこういう仕事をしたい!と思っていらっしゃる方も、もしかしたら、あなたにもっと向いている仕事があるかもしれません。

自分自身のことだと、どうしても、願望や、思い込みが入り込むので、正確に判断するのは難しいものです。
あと、どんな仕事(業種・職種)があるのかを知らないと、思い浮かびようもないのが欠点です。

あなたのことを良く知る方に、客観的な意見を言ってもらうのもよいですね。

本人ですら、良く分かってないのに、他の人にも分かるわけないじゃん!第一、そんなの聞ける人がいない。という事であれば、
WEB上の適性診断を受けられてはいかがでしょうか。

適性診断って、入社試験の時にしたよ?という方も多いでしょう。
(入社後に再度する場合もあります。)
企業側では、採用や配置転属などにも利用しています。

こちらからの不満ですが、結果を見せてもらえないですよね。
なんとなく、これは慎重さを知りたいのかな?リーダーシップかな?とか思う設問はありますが。

今回の適性診断の結果は、当然、分かります(笑)
どういった仕事が向いているのか、あなたが仕事において重要視することは何なのか?やりがいを感じるのは、どんなときなのか?
次の仕事を考える際にはとても重要なのですが、
なんとなく、分かってはいる気がするものの掴めていない、または、まるっきり掴めていない方も、けっこう多いと思います。

適性診断テストの中には、小1時間かかるものもありますが、
比較的、短い時間で出来るものを選択しました。
例によって、無料で受けられるものですので、ご自身で確かめて下さい。

自信を深めるもよし、新たな可能性を知るもよし、だと思います。

・無料で適性診断ができるサイト
アイ・アムの無料適性診断 (適性診断に必要な時間:5分)
同時に適職診断も可能、6万人の利用実績があります。
履歴書・職務経歴書作成サービスなども充実しているので、おススメの転職支援サービスです。

転職で迷ったらJAC Japan(適性診断に必要な時間:5分くらい)
WEB上で行えるのは、外資系適性診断・ベンチャー系適性診断の2種類です。適性が分からないと、外資・ベンチャーというのは選択肢に入りにくいので、適性を知っておいて損はないかと思います。
あんまりにも・・・という結果であれば、やっぱそれ以外!となるので、絞りこみやすくなりますしね。



おススメ転職サイト(正社員を希望される方向き)
おススメ人材派遣会社(次は派遣で仕事!の方に)
| 転職への道 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/319450
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。