<< 仕事の引継ぎ 仕事の引継ぎ方法 | main | 退職の時に返却するもの・受領するもの 退職日までに確認を >>
仕事の引継ぎ 仕事の引継ぎで忘れがちなこと
仕事の引継ぎですが、
(1)業務内容の引継ぎ
(2)人間関係の引継ぎ(得意先、仕入先、他部署との交渉先など)
忘れがちなことですが、
(3)後任者と友好的な人間関係を築く
も、引継ぎにおいて重要だと思います。

引継ぎ業務に時間の余裕がある人は、稀ですし、たいていは、互いに仕事を抱えながら、退社予定日に追いかけられながらの引継ぎです。
(1)、(2)だけで、手一杯だとは思いますが、ぜひ、(3)も忘れないで下さい。

同僚や先輩の中から、後任者が選ばれた場合には、特に問題はないのですが(そうあってほしいのですが)、
あなたの後任者として、新たに採用された人ならば、あなたとの信頼関係も希薄ですし、引継ぎ業務を優先させるあまり、コミュニケーションが不足することも考えられます。

仕事の引継ぎには、
[あなたが会社を辞めても、会社の人が困らないようにする]だけではなく、[退職後のあなたにトラブルが降りかかってこないようにする]という意味もあります。

新しい会社に、前の会社の人から電話が入ってくることは望ましくありません。
同業種間転職だけではなく、異業種間転職であっても、良い印象はもたれないでしょう。

必要になることは、少ないのですが、退職後の連絡先は、必ず後任者と交換するようにしてください。
具体的には、新しい勤務先の電話番号や自宅の住所ではなく、
あなたの携帯電話の番号を伝え、相手の携帯番号も聞いてください。

携帯電話の番号を知っていたら、そちらにかけたいのが人情ですし、後任者にもあなたにも負担が少ない方法です。

「連絡は、携帯電話に。○時以降でお願いします。」と一言添えることもお忘れなく。
| 仕事の引継ぎ | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/302587
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。