<< 退職の意思を伝える その3 退職を告げる(どのように) | main | 仕事の引継ぎ どうして仕事の引継ぎが重要なのか >>
退職の意思を伝える その4 退職を告げる(退職理由は)
・退職理由をなんと伝えるか

「仕事辞めたいんです!」と上司に言った後、一番多く帰ってくる言葉は、
『辞めたいと思う理由を教えて欲しい。』というものだと思います。

あなたの退職の理由を知ることで、決意は固いのか、それとも、一時の気の迷いなのか、引きとめ成功率がどれくらいかを判断しようとするわけです。

退職理由に関しても、ありのままを伝えることが望ましいのですが、あなたの伝える退職理由によって、引止め工作の度合いは決まるというのは、知っておいて損はないと思います。

○引き止められにくい退職理由
Uターン、家業を継ぐ、異業種への転職、海外留学、親族の介護(結婚、出産。)
−会社では体験できないこと、会社とは両立しないことが理由だと、引きとめようがないので、トーンが下がるようです。

○引き止められやすい退職理由
人間関係、資格取得の勉強の為、待遇面の不満。
−上司は、こういった理由を退職の決定打とは思いません。ひどい場合だと、退職話を真剣に受け取ってくれないことすらあります。本人の努力次第で仕事を続けていけるのでは?という期待で引きとめ工作に走るようです。


これは、引き止められますよ、という退職理由の方は、それなりの覚悟を決めてください。下手にもめるくらいなら、多少のウソは
ありだとは思いますが、あまりにも大きなウソは危険だと思います。

『結婚して海外勤務についていきます!』と退職した先輩がいるのですが、退職後しばらくして、結婚話がウソだったことがわかり、『退職後すぐに海外に移住。挙式もそちらでします。』と言われ、係でお祝いを渡したり、華々しい送別会もしたのに!と、上司は怒り心頭。先輩にとって間の悪いことに、業者さんから目撃情報が寄せられ、「どうして○○さん、まだ日本にいるの?」と、上司が確かめに行ったことがありました。

退職するのに、かなり手間取る会社だったので、すんなり退職するために、結婚と言ったけれど、「結婚しても続けられるよね?」の対策で、海外勤務予定の夫が登場し、挙式や披露宴に招かない理由として、海外挙式・・・という風にどんどん話が膨れて行ったそうです。

まぁ、これは極端なケースですが、前の会社が新しい会社のお得意先にならないとも限りません。仕事上で以前の職場の人達と付き合うことはないか?顔を合わせて後ろめたいことがないか、ということも考えてみてくださいね。
| 退職の意思を伝える | 03:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/295409
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。