<< 教育訓練給付 その2 教育訓練給付制度を利用できるのはどんな人? | main | 教育訓練給付 その4 1日違いで教育訓練給付が受けられない? >>
教育訓練給付 その3 支給要件期間ってなに?
では、支給要件期間についてなのですが、
教育訓練給付金をもらえる対象になるのに必要な期間です。


※受講開始日が2007年10月1日以降の方は、支給要件期間ってなに?をご覧下さい

教育訓練給付金の支給要件期間≒失業保険の被保険者である(あった)期間?

いや、そもそも、被保険者である(あった)期間って何なの?という方、
受講開始日以前に雇用保険に加入している(いた)期間という説明でわかりにくい方は、被保険者期間て何?をご覧下さい。(説明長めです)

勤続3年以上、会社はバッチリ雇用保険に入ってます!という方は、特に心配ないのですが、
雇用保険には3年以上加入しているけれど、転職経験のある方や、退職している方が、
私も教育訓練給付制度って使えるのかな?と不安に思われると思います。

□転職した場合□
被保険者である期間をカウントする時に、転職した場合でも、離職(退職)から再就職(転職)までが1年以内であれば、
離職前の被保険者である期間を合算できるというのがありましたが、

支給要件期間を数える時も同じなのです。
なので、失業保険の被保険者である期間(雇用保険に加入している期間)はもちろんのこと、
退職から再就職までが1年以内であれば、退職前の支給要件期間合算できます。
◇1年を越えると→支給要件期間はリセットされます

あれ?失業保険をもらったら、被保険者であった期間はリセットされたよね?
失業保険をもらったら、支給要件期間もリセットされるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、

支給要件期間リセットされるのは、
(1)資格喪失日から1年を過ぎた
(2)教育訓練給付金をもらった
(3)不正受給が発覚した という場合になっています。

そうです、失業保険をもらっても支給要件期間はリセットされません

□退職して失業中の場合は□

支給要件期間を3年以上(または、5年以上)満たしている人が退職しても、教育訓練給付制度の対象になります。

ただし、教育訓練を開始した日(基準日)が被保険者でなくなった日(資格喪失日)から1年以内というのが条件ですので、
例えば、平成17年6月31に退社した場合、資格喪失日は平成17年7月1日だから、
平成18年6月31日までに開始する講座でないと、教育訓練給付の対象になりません

教育訓練給付の対象になるには、雇用保険に3年以上加入している(いた)ことが要件というのは、分かっていただけましたか?
でも、どの時点からの3年でしょうか?
講座開始時点?それとも講座を受け終わるまでに3年?
あなたは、どのタイミングで講座の申込みをするべきなんでしょう?                  1日の違いで教育訓練給付が受けられない?
| 2007年10月改正前 | 04:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/279454
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。