<< 退職後の国民年金 その3 国民年金に加入したくない! | main | 教育訓練給付 その1 教育訓練給付制度って何? >>
失業保険の金額と期間 もらう失業保険の金額の計算方法
もしも、賃金日額って何?という方がいらっしゃれば、もらう失業保険の金額を参考にして下さい。

もらう失業保険の計算方法 (以下の数字は2008/07/31まで有効です)

1. 退職時の年齢から、ご自身の当てはまる表を探してください
2. ご自身の賃金日額が含まれるところを見てください
3. 給付率が書いてあるので、賃金日額に給付率をかけて下さい
4. 出てきた金額があなたの、基本手当日額です。(1円未満切捨)
5. ごめんなさい!賃金日額に(a)(b)と書いてある場合は、
下にある計算式(a)(b)を使って計算して下さい

・退職時の年齢が30歳未満の方

賃金日額給付率基本手当日額
2,070円〜4,080円80%1,656円〜3,264円
4,080円〜11,820円80%〜50%3,264円〜5,910円
11,820円〜12,730円50%5,910円〜6,365円
12,730円〜6,365円(上限額)


・退職時の年齢が30歳以上45歳未満の方
賃金日額給付率基本手当日額
2,070円 〜 4,080円80%1,656円 〜 3,264円
(a) 4,080円 〜 11,820円80 〜 50%3,264円 〜 5,910円
11,820円 〜 14,140円50%5,910円 〜 7,070円
14,140円〜7,070円(上限額)


・退職時の年齢が45歳以上60歳未満の方
賃金日額給付率基本手当日額
2,070円 〜 4,080円80%1,656円 〜 3,264円
(a) 4,080円 〜 11,820円80 〜 50%3,264円 〜 5,910円
11,820円 〜 15,550円50%5,910円 〜 7,775円
15,550円〜7,775円(上限額)


・退職時の年齢が60歳以上65歳未満の方
賃金日額給付率基本手当日額
2,070円 〜 4,080円80%1,656円 〜 3,264円
(b) 4,080円 〜 10,590円80 〜 45%3,264円 〜 4,765円
10,590円 〜 15,060円45%4,765円 〜 6,777円
15,060円〜6,777円(上限額)


計算式(a)
基本手当日額=(−3×賃金日額+74,240×賃金日額)÷77,500

計算式(b)
基本手当日額=(−7×賃金日額+132,880×賃金日額)÷130,400
または、
基本手当日額=0.05×賃金日額+4,240
の、どちらか低い方になります。


計算お疲れ様でした。
では、次は失業保険をもらいに行きたいところですが、
必要書類は全部そろっていますか?
                失業保険をもらうのに必要な書類
| 失業保険の金額と期間 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/274272
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。