<< 国民年金の免除・猶予 その5 国民年金の免除・猶予の申請を却下されたら | main | 失業保険の金額と期間 もらう失業保険の金額の計算方法 >>
退職後の国民年金 その3 国民年金に加入したくない!
国民年金保険料って、やっぱり高いよ。
どうして払わなくちゃいけないの?と思われる方も多いでしょう。

実は私もそう思っていました。(現在も高いなぁとは、思います)
20歳の頃は学生で、一応、アルバイトはしていましたが、
教科書類も高いし、何かと外食も多いし、洋服だって、化粧品だって、何だって欲しい年頃でした。

当時の国民年金保険料は、13,300円でした。
年金なんて払っても、将来、自分がもらえるかどうかわからんし、
13,000円あれば、すっごく美味しいものが食べられる(怒)
いや、新作の香水がでるし、それを買おうかなぁ。くらいに思っていました。

現在も、国民年金制度に関しては、かなり疑問を残していますが、
国民年金保険料は、一応、払い続けています。

老後の資金を潤沢に準備できる方は問題がないのかもしれませんが、年金額と同じだけの金額をリスクのない方法で(定期預金等)得ようとすれば、ムチャクチャ元手が必要になります。

物価の変動や、長生きのし過ぎで困ってしまうというのも、ぱっとしないと思うので、加入し続けているというのが現状です。

会社勤めしていたのと同じ期間分は、強制的に持っていかれてるので、それをムダにしたくない、という思いもあります。また会社勤めをすれば、給料から天引きされる訳ですし…。

もちろん免除・猶予の制度はフル活用しています。
追納しないと思うので、コツコツ40年間支払ってこられた方に比べれば、年金額は少なくなるし、
状況によっては、受給資格期間ぴったりの25年までで、後は未納になるかもしれませんが。(苦笑)

将来、年金にしか頼れなくなってしまったのに、加入期間を満たせず、年金がもらえないというのは避けたいので、

自分の選択肢を増やす為でもあります。

あとは、自動車の運転をするので、障害基礎年金の事も考えて加入している、という面もあります。今のところ健康体なので、てひどい病気(障害基礎年金の対象になるような)にはかからないとは思いますが、こればっかりはわかりません。本当に、保険という感覚に近いですね。

結局、加入されるか(保険料を支払うか)どうかというのは、あなたの判断です。

払いたくない、払わないと思っていらっしゃる場合でも、
とりあえず、猶予・免除の申請はされておくべきだと思います。

認められれば、もうけものですし、免除を受けた10年以内に、年金大丈夫そうやし、追納しようか?というのもアリだと思います、申請の費用はかかりませんので、ぜひ検討して下さい。

2006/03/12追記
国民年金保険料未払いのデメリット
現国会に、改正案が提出されています。ざっくりとまとめると、
「国民年金保険料の滞納をしている人は、国民健康保険の有効期限が短縮される。」というものです。
そうなると、未納(滞納)者は、市町村の窓口で国民健康保険証を受け取らなくてはならず、短期保険証なので、窓口に行く回数も増えます。
その機会に、職員から、国民年金も払ってくださいねと説明、加入の案内をさせよう、という事のようです。
どうなるのか、今後も見守ります。
| 退職後の国民年金 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/274153
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。