<< 国民年金の免除・猶予 その4 国民年金の免除・猶予の申請の手続き | main | 退職後の国民年金 その3 国民年金に加入したくない! >>
国民年金の免除・猶予 その5 国民年金の免除・猶予の申請を却下されたら
残念ながら、免除・猶予の申請が却下された場合、とりあえずは、国民年金保険料を支払うしかありません。
事情により、分納(分割払い)などにしてもらえる場合もあるので、市町村の国民年金窓口で相談してください。

一度申請を却下されたら、未来永劫、免除の申請ができない、再審査には費用がかかる、そんなペナルティはありません。
もう一度、免除・猶予の申請をすることは可能ですし、審査に費用がかかることも、ありません。

かと言って、昨日、申請が却下されたけれど、今日、申請してみたら、免除・猶予になるかも!
−こんなことも、ありません。(あると面白いのですが)

収入が少なかったという理由で申請されていた方が、失業を理由に申請するなど、申請の理由や事情が変わらない限り、
同じ年度内に、何度申請しても、結果は同じです。

申請を3回もした、あなたの努力に免じて、免除しましょう!ということも、ありません。

では、いつになったら、次の申請をすれば良いのかですが、
平成18年度になったらです。
現在すでに、平成18年じゃ?と思われるかもしれませんが、
国民年金の世界では、まだ平成17年なのです。

国民年金保険料のカレンダーは、○年7月から翌年6月までという期間で区切られているのです。(平成17年7月から平成18年6月までは、平成17年度という一年になります。)
なので、国民年金の世界では、現在は、平成17年なのです。

平成17年度の前年の収入なので、平成16年分の収入で、免除・猶予、または却下が決まるのです。

平成18年度になれば、審査の対象になるのは、平成17年分の収入になりますので、
平成17年分は、ちょっと収入が少なかったんだよね…という方にはチャンスが生まれます。

また、平成18年度からは、国民年金制度の改正がある予定です。

これまでは、免除といえば、全額免除・半額免除の2種類しかありませんでした。
もうちょっとで、全額免除なのに、半額免除だった。
ギリギリ、半額免除にならなかった(涙)という方も非常に多いと思うのですが。

免除の区分に3/4免除1/4免除が増え、これまで以上に免除が受けやすくなります。

なので、平成17年度でダメだった場合も諦めずに、平成18年度(平成18年7月以降)にもう一度申請してくださいね。

※平成18年度に申請する場合には、平成17年分の収入なので、平成17年分の確定申告が必要になります。
確定申告の必要のない場合には、市・県民税の申告が必要です。

まだ、何もしてない、という方はお急ぎ下さい。

                  中途退職者の確定申告について
| 国民年金の免除・猶予 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/272766
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。