<< 国民年金の免除・猶予 その3 国民年金の免除・猶予を受けられる収入 | main | 国民年金の免除・猶予 その5 国民年金の免除・猶予の申請を却下されたら >>
国民年金の免除・猶予 その4 国民年金の免除・猶予の申請の手続き
では、申請に行きましょう、向かうのは、ご自身の住民票のある市区町村の国民年金窓口です。郵送での申請も可能です。
1人住まい(ご自身が世帯主)なら、直接窓口に行かれる方が早いでしょう。
配偶者や世帯主がいらっしゃる場合は、申請書にその方の署名も必要になるので、郵送の方が便利かも知れません。


申請に必要なものは
・年金手帳
・印鑑
(署名する場合は不要です)

収入を理由にして申請する場合には、
・前年の所得がわかる書類

失業などを理由にして申請する場合には、
雇用保険受給資格者証
離職票
・公務員の場合、辞令
・離職者支援資金貸付制度の貸付金を受けた場合は貸付決定書
の中からどれか一つ。

郵送で申請する場合には、必ず、写し(コピー)を送ってください。
年金手帳や、雇用保険受給資格者証を郵送してしまった!なんてことのないようにお願いします。
職員の方は、『封筒が分厚かったらドキッとします。』と仰ってました。
けっこう、うっかり屋さんは、多いようです(苦笑)


もしも、年金手帳がない場合は、
納付書や基礎年金番号通知書等、基礎年金番号の分かるものを持っていってください。
それも、ないという場合には、運転免許証等の本人確認書類(身分証)を忘れずにもって行きましょう。

申請の手続きが終わったら、免除・猶予の通知書(ハガキ)が来るのを待ちましょう。
申請が認められなかったばあいには、却下の通知書(ハガキ)がとどきます。

何か問い合わせをする場合に備えて、いつ申請をしたかは、メモしておいて下さいね。

              国民年金の免除・猶予の申請が却下されたら
| 国民年金の免除・猶予 | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/270152
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。