<< 退職後の健康保険 国民健康保険に加入する場合 | main | 退職後の国民年金 その2 国民年金の加入手続き >>
退職後の国民年金 その1 退職後は国民年金に加入する?
まず、国民年金に関してですが、これも国民総加入が原則になっています。
日本に住んでいる20歳以上60歳未満の方は全て加入することになっています。

今まで、厚生年金は払ってたけど、国民年金なんて払ってないよ、と思われる方もいらっしゃいますよね。(私だけではないと、言って下さい!)

厚生年金の加入者かつ、国民年金の第2号被保険者という扱いなのです。
給料から天引きされていた、厚生年金保険料の中から、国民年金保険料が支払われるという形になります。
ですので、国民年金に加入していなかったということでも、
仕事を辞めたからといって、これまで支払ってきた厚生年金保険料がムダになるわけではありませんので、ご安心くださいね。

第一号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者・農林漁業従事者・自由業・無職などの人とその配偶者及び学生

第二号被保険者 会社員・公務員などの厚生年金保険、共済年金の加入者

第三号被保険者 第二号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満の人)

例外的に、任意加入被保険者というのもあります
(1) 日本国内に住所を有し、20歳以上60歳未満で厚生年金や共済組合の老齢年金が受けられる方、
(2) 20歳以上65歳未満で海外に住んでいる日本人
(3) 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
(4) 昭和30(1955)年4月1日以前生まれで、65歳までに受給資格期間を満たせない方等が対象となります。
※厚生年金の場合も、65歳までに老齢基礎年金の受給資格期間を満たせない在職中の方は、希望すれば65歳以降も厚生年金に任意加入することができます。


文字だけでみると、なんだこりゃ?ですが、
第一号被保険者=魚屋さん、八百屋さんなど自営業の方
第二号被保険者=サラリーマン
第三号被保険者=サラリーマンの奥さん と思ってもらうとイメージしやすいかと思います。(好ましくない表現を使っておりますが、わかりやすさ優先の結果ですので、お許しください。)

退職した=第二号被保険者でもなくなるので、
第三号被保険者=会社員・公務員などの厚生年金保険、共済年金に加入している配偶者の扶養に入る
第一号被保険者=無職として、自分で国民年金保険料を支払う。
のどちらかを選択しないといけないのです。(私は、第一号被保険者しか選べません。ため息)

現在(2006/02)の国民年金保険料は、1月当たり13,580

配偶者の扶養に入ったからといって、個別に、国民年金保険料を支払うわけではありません、
配偶者の会社で手続きすれば、厚生年金なり、共済なりの制度があなたの分の国民年金保険料も支払ってくれます。
かといって、配偶者の厚生年金保険料がアップするわけでも、ありません。

おぉ、国民年金でも扶養とはお得な制度だと思います。

                     国民年金の加入手続きについて
| 退職後の国民年金 | 04:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/264045
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。