<< 失業保険 その9 失業保険はいつもらえる? | main | 失業保険の金額と期間 失業保険はどれくらいの期間もらえる? >>
失業保険 その10 失業保険の申請は、お早めに!
失業保険について調べていると、できるだけ早く、離職票を手に入れ次第、ハローワークに行くように!とあります。(意図的に遅くいった方が得するケースもあります)

これは、手続きを始めないと、お金が全く入ってこないのも理由ですが、

失業保険をもらえる有効期限(受給期間)が、会社を退職した翌日から起算して1年間と決まっているからです。
要するに、2006年4月30日に退職した人は、2007年の4月30日までしか、失業保険をもらう資格が無いのです。

例えるなら、ポイントカードでしょうか。
どんなにポイント(所定給付日数)があっても、ポイントカードの有効期限が切れたら(受給期間満了)、ポイントは使えませんよね。

本当に、キレイさっぱりと消えてしまいます。復活しません
先ほどの例なら、思いっきり遊んで、2007年5月1日に、ハローワークに行っても、1円ももらえません。何日もらえたはず、何日残ってる、全て問答無用で、消滅です。あんまりにも悲しすぎます。

中には、所定給付日数が330日、360日という方もいらっしゃいますよね。これはさすがに有効期限1年で全てのポイントを使うのは無理があるので、
◇所定給付日数が330日の場合、受給期間は1年+30
◇所定給付日数が360日の場合、受給期間は1年+60日 となっています。

・受給期間の延長ができるのは
病気・ケガ妊娠出産育児(3歳未満の乳幼児)親族の介護などの理由で、30日以上職につくことができない場合です。

働くことのできない期間(最長3年延長可能です。(ただし、4年を越えることができません)

30日以上職につくことができなくなった日の翌日から1ヶ月以内にハローワークに申請します。(代理や郵送での申請も可能)

・60歳以上で定年退職された方にも、受給期間の延長の制度があります。
延長できる期間は、最長で1年間。定年退職された、翌日から2ヶ月以内に、ハローワークで申請してください。

次回は、あなたがどれくらいの期間、失業保険をもらえるか確認しましょう。
| 失業保険 | 03:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/232843
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。