<< 失業保険のもらいかた 賢い認定日の動き方 | main | 失業保険もらえますか 退職後、学校にいきます >>
失業保険のもらいかた 退職から失業保険をもらうまでの流れ
退職から失業保険をもらうまでの大まかな流れです。

1.会社を退職する

2.離職票が自宅に届く(退職後1週間から10日位)

3.ハローワークで受給手続きをする
(手続きした日が受給資格決定日になります)

4.7日間待期する(会社都合、自己都合どちらでも)

5.受給説明会に出席(初めて手続きしてから、1・2週間後)

6.1回目の認定日にハローワークに行く(受給資格決定日から4週間後)

・会社都合退職の人の場合、初回の認定日が終われば、数日後に
残念ながら、自己都合退職の人には、3ヶ月の給付制限があります。7日間の待期が終わっても、なお3ヶ月たたないと、失業保険がもらえません。(この3ヶ月は非常に長く感じます…。)

自己都合退社の人の1回目の認定日は、「待期期間が終わったことの認定」らしいです。いくらなんでも、手続きしてから、7日たったことくらい分かるって(涙)

7.3ヶ月間待つ(求職活動もして下さい)

8.2回目の認定日で、失業認定を受ける。

失業認定から数日後に、最初の失業保険が振り込まれます。
以降は、4週間に1度の認定日に失業認定を受け、4週間分(28日分)の失業保険が振り込まれます。

ただし、ご注意いただきたいのは、
最初にもらう失業保険は、4週間分ではないではないということです。

まず、待期期間の7日分は支給されません。
最高で3週間分(21日分)なのですが、3週間分キッチリにもなりません。

正確な日数を割り出すには、
会社都合の場合−待期満了の翌日から、初回認定日の前日まで
自己都合の場合−給付制限が終わった日の翌日から2回目の認定日の前日までを計算して下さい。

私は、15日分でした。(4週間分満額もらえる!と思っていたので、保険料の支払いに慌てました)
| 失業保険のもらいかた | 03:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
凄く勉強になるサイトですね。
これからも頑張って下さい。
| ハローワークの失業保険 | 2011/07/04 8:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/223809
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。