<< 退職前にすること 生活費を計算することでわかること | main | 転職への道  転職しやすい時期はいつ? >>
転職への道 転職活動は退職後?
在職中は時間が取れないから、
退職してから、ジックリと職を探そうかなぁ…。と言う方。

気持ちは、わかりますが…危険です。

肉体的・精神的に長期の休養がどうしても必要!と言うのでなければ、
在職中に転職活動をなさって下さい。

退職後すぐに新しい仕事が見つかる方ならば、
在職中に仕事を見つけることは容易だと思います。

昔だと、ヘッドハンティング(引抜き)を待つ、コネ、新聞・転職情報誌で自力でコツコツ探すしかありませんでしたが、
現在なら、転職(支援)サイトを利用するという手段があります。

自分の職務経験や、希望等を登録して、企業からのオファーを待つものです。「スカウト」と呼ばれることもあります。
登録は必要ですが、無料ですし、企業にあなたの個人名が漏れる事もありません。

オファーが来たからと言って即採用ではなく、面接等も当然ありますが、自分で探すよりも、はるかに効率が良いと思います。

通常業務をしながらも、転職先を探し、応募の電話をして、
面接の日時を決めて…かなり面倒ですよね。
まず、応募の電話をかける時間が無い、17時前に電話できる余裕がないと言う方がほとんどではないかと思います。

また、キャリアコンサルティングが充実しているのもメリットです。

自分では分からない自分の強み・弱み、職務経歴書でアピールすべき点なども教えてくれますし、未経験の業界でも、あなたのキャリアやスキルなら大丈夫と判断すれば、どんどん勧めてくれます。ひょっとすると、あなた以上に、中長期的なキャリアアップを考えてくれるかも知れません。

自分では、しにくいけれど、転職に当たって重要である、年棒交渉
(給与交渉)、入社時期の調整なども、あなたの代わりに行ってくれます。

転職サイトはたくさんあるのですが、おススメのところを幾つか紹介しますと、
パソナキャリアの正社員転職サポート
すごいなぁと思ったのが、予約は必要だけれど、土日祝日や、平日の夜でも、キャリアコンサルティングが受けられること。現在、お仕事中の方には、かなり心強いと思います。

DODAで正社員転職
面接対策や交渉代行など、使えるサービスが充実しています。

転職サイトは、覚えきれないくらい多数あります。登録すればするほどチャンスが増えるのも、事実ですが、各サイトで得意とする分野がありますので、ご自身の目で確かめてください。



もちろん、オファーが来ても、あなたが???と思われたら断ることも可能です、妥協せずに良い転職先を探してくださいね。
転職サイトによっては、年収査定適性診断が受けられます、結果を見るだけでも、価値はあると思います。

あなたが仕事をしている間も、転職先を探してくれていると思うと、ちょっと愉快じゃないですか?「どんなところがあるんだろう?どんなところから、オファーが来るのかなぁ?」って、ドキドキしますね。

もちろん、退職後でも利用できますので、ご安心下さい。
転職サイトにより、スカウト制度・キャリアコンサルティングの有無がありますので、ご確認下さい。

おススメ転職サイト(正社員を希望される方向き)
おススメ人材派遣会社(次は派遣で仕事!の方に)
| 転職への道 | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
通りすがりさん、初めまして、コメントありがとうございます。

グッドウィル・キャリアは、正社員用のサービスですが、
グッドウィルにまつわるイメージから、
案件の減少、利用者の不安というのは生じると思います。

そうでなくとも、不安や謎の多い転職活動に、
もうひとつ不安定な要素を抱えてもらうことは、私の本意ではありません。

年収査定・合格診断サービスは、良かったとは思いますが、
エントリーからは削除いたしました。

ご指摘ありがとうございました。
| jun2 | 2008/01/07 4:51 AM |
グッドウィル・キャリアは最近の報道等から(あくまで推測)
よろしくないんじゃないの
| 通りすがり | 2008/01/07 2:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/220720
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。