<< 退職前にすること 必要な生活費を計算する | main | 失業保険 その5 失業保険は誰でももらえる? >>
失業保険 その4 雇用保険に入っていない、どうしよう。
ひと口に、雇用保険に入っていないといっても、
入らないといけないのに、入っていない人と、
入れない人がいます。

入れない人というのは、雇用保険の対象ではない人で、
65歳以上で新たに雇用される人や、業務委託と言う形で働いている人が当たります。

業務委託で働く=雇用契約ではないので、
給与ではなく、業務委託費が会社から支給されているはずです。
(事業所得ということで、確定申告をなさっていると思います)

そのほか、完全歩合制の方など、外部スタッフ扱いの方も、(直接の雇用関係にないとされている方)雇用保険の対象ではありません。

入らないといけないのに、入っていない人、お待たせしました、

正々堂々と会社に、雇用保険に加入するよう頼んで下さい。

退職後でも、会社が雇用保険に加入してくれれば、
退職前2年までは遡って加入できます。雇用保険料は支払わないといけませんが、受給資格は発生します。
(遡れるのは、2年までなので、10年働いた人でも、雇用保険には、2年間しか加入していなかったのと同じ扱いになります。)

…しかし、残念ながら、はい、そうですかと、加入してくれる会社は、
ほとんどありません

雇用保険未加入というのは、立派な法律違反ですが、
会社は、法律違反を知っていて、なおかつ加入していないというのが、実情だからです。

では、会社に断られたら、それで終わりかというと、そうでもありません。
ハローワーク労働基準監督署で相談しましょう。

雇用契約書雇入通知書給与明細出勤表タイムカードのコピー等を持っていくと話がスムーズかと思います。
(あなたがその会社で働いている・働いていたことが分かる書類が必要です)

会社に対して、雇用保険に加入するように指導するはずです。

従業員数20名以上の事業所であれば、職権で強制加入というのもありえます。

これで会社が加入してくれれば、ひとまず安心です。
| 失業保険 | 02:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/209534
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。