<< 退職しないという選択 人間関係で悩んでいる場合 | main | 退職前にすること 就業規則を手に入れましょう >>
退職しないという選択 労働環境が劣悪な場合
悲しいことですが、サービス残業、長時間勤務、休日が取得できない、(有休消化なんてもっての外)という話を耳にします。

労働基準監督署に行きましょう。(まずは総合労働相談センターでも可です。)

あなたの手に入れられる範囲でかまいません。証拠を手に入れましょう。

訴えの内容によっても異なりますが。長時間勤務の場合、就業規則・タイムカードなど出退勤時間のわかるもの・(派遣の方ならタイムシート。最悪、ご自分で手書きされたものでも良いです)給与明細。

資料として多ければ多い方が良いのですが、3か月分くらいでもあれば、十分に資料として認められます。

労働の対価ですので、もらえるものは貰いましょう。

休日の取得ができないようであれば、できるように改善させてやりましょう。

会社は、あなたの健康を守ってくれません。家族の為、そして何よりあなた自身のために自分の身体を守りましょう。

・セクハラの場合、
社内に相談窓口があると思います(なければ法令違反です。)
無ければ、社内で相談できるのは、直属の上司、人事部、総務部あたりになると思いますが、

直属の上司からのセクハラも多いですし、相談窓口があっても、相談しづらい雰囲気だったり、社内の人には詳細を知られたくない場合もあるでしょう。

最悪のケースですが、中小企業で、社長が相談窓口になっているのに、その社長がセクハラをしているということも、あります。

社内じゃ相談できない、相談しても不調に終わったという場合は、総合労働相談センターや、労働局の雇用均等室に相談してください。

あなたは、何にも悪くありません。
仕事に行っているのに、仕事以外のことで悩まされる事がおかしいのです。
| 退職しないという選択 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.taisyoku.jp/trackback/202575
トラックバック
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。