失業保険をもらえるか確認 フローチャート
※2007年9月30日以前に退職された方は、こちらの失業保険をもらえるか確認フローチャートをご覧下さい。


雇用保険に加入しているかを確かめる(不安があれば、ハローワークで照会

|→加入していない−加入してもらうよう職場と交渉を!

雇用保険に加入している場合、被保険者であった期間(加入期間)がどれくらいなのかを確認。(※1)
□退職日の翌日から1ヶ月ずつさかのぼって数えます。
例)12月31日に退社したら、その翌日、1月1日から1ヶ月ずつさかのぼるので、12月1日〜12月31日・・・、7月1日〜7月31日。というように計算します。

|→加入期間が12ヶ月未満−失業保険をもらう対象ではありません。でも、諦めないで下さい(※2)

加入期間が12ヶ月以上−第一段階クリアです。

これだけで、もらえますよ!と申し上げたいのですが、まだ、条件があります。
加入期間を数えるために期間を区切ってもらいましたが、その期間ごとに11日以上働いている必要があります。(有給休暇をとった日も含めます)
上の例なら、12月1日〜12月31日の間で、11日以上、11月1日〜11月31日の間で11日以上働いていたかどうかです。
・11日以上−その1ヶ月を被保険者期間1ヶ月としてカウント。
・11日未満−その1ヶ月は被保険者期間として数えられないのでさかのぼって、11日以上の月がないか探します。(ただし、退職日以前の2年間しかさかのぼれません)

|→11日以上ある月が12ヶ月未満−失業保険をもらう対象ではありません。

11日以上ある月が12ヶ月以上ある。(被保険者期間が12ヶ月以上)
失業保険をもらえる対象です!

※1−研修期間は雇用保険に加入していないというケースもあります。(違法です)試用期間があった、いまは社会保険に入っているけど、最初の1、2ヶ月位は社保はもらってなかったという方は、会社にしてやられている場合もありますので、確認が必要です。

※2−倒産・解雇、正当な理由のある自己都合により仕事を辞めた場合は、離職前1年間に11日以上働いた月が6ヶ月以上あれば、受給資格を満たせます。

雇用保険の加入対象なのに、加入ができていない場合、遡って加入することも可能です。
雇用保険料の支払は必要です、ハローワークでご相談ください。
以前に雇用保険に加入していて、失業保険をもらっていない場合、まだチャンスはあります。前の会社を退職してから、現在の会社に就職するまでが1年に収まっていれば、前の会社の雇用保険の加入期間も合算できます。
| 失業保険をもらえるか確認 | 03:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。