退職の時に返却するもの・受領するもの 会社から受け取るもの
会社から受け取る物リスト
受領物備考確認
離職票発行依頼をしないと、発行してくれない会社もあります。必要な旨を伝えてください
雇用保険被保険者証会社に預けていた場合のみ
年金手帳これも、会社に預けていた場合のみ
厚生年金基金加入員証加入していた場合のみ
健康保険資格喪失証明書退職後、国民健康保険に加入する際に必要。(離職票でも代用可能)任意継続をする場合には発行されません
源泉徴収票再就職先に提出します(年末調整のため)再就職しないまま年を越した場合は、確定申告をする際に必要になります
その他会社に貸していたものがある場合、返してもらってください。清算忘れの経費等がないか再度確認してください


・自費で購入された書籍などは、誤解を防ぐために、退職を切り出す前に自宅に持ち帰るのが無難でしょう。

・離職票は退職日にはもらえません。(退職してからじゃないと出来ない手続きを含むからです)のんびりした会社だと、源泉徴収票も退職日にもらえない場合もあります。
「会社から郵送してもらえるのか、自分が会社まで取りにいかないとダメなのか」、「いつ頃になりそうなのか」を退職前に必ず確認してください。

・万一に備えて、問い合わせ先(人事部など)の電話番号を控えておきましょう。

退職してから、前の職場とあれこれやり取りするというのも面倒なものですし、退職済みの人間に対しては、手を抜いた応対をする担当者も残念ながら多いので、退職後にやり取りをしないですむように、在職中に確認してくださいね。
| 退職の時に返却するもの・受領するもの | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
退職の時に返却するもの・受領するもの 会社に返すもの
会社に返却するもの確認リスト
返却物備考確認
制服クリーニングをして返却(洗濯しただけだと、洗ったのかどうか、第三者が見てわかりにくいので、クリーニング店のタグが付きっぱなしの方が良いです)夏服・冬服のある場合、その季節ではないもの。予備分、タイ・スカーフなどの小物を忘れがちです
社章普段は付けていないという方もいるようですが、退職時には返却しますので、どこにあるか確認を!
社員証・入館証常日頃、持ち歩くものなので、そのままもって帰ってしまいがちです
健康保険被保険者証家族分も返却します。任意継続する場合でも、保険証が切り替わるので、返却する必要があります
名刺自分の名刺だけではなく、自分がもらった名刺(取引先等の名刺)も返却。どうしても必要な場合には、事前にコピーを取りましょう
交通費正社員の場合、交通費は6ヶ月定期券の同額を支給されるので、退職のタイミングにより月割りで清算(最終の給与から天引きされる)1ヶ月分ずつ支給されている場合は、返却するのが一般的
その他倫理要綱、業務マニュアル、福利厚生の会員証など会社からの貸与物は全て返却です、ロッカーや机の奥深くに眠っていることが多いので、探してください


あくまでも一例です。「これは、返すものなのかな?」と判断に迷われる場合には、直属の上司に必ず相談してください。

・返還後、シュレッダー処分にされるものばかりですが、自身の勝手な判断で、シュレッダー処分をすることは、厳禁です。

・上司によっては、取引先から頂いた名刺は、くれる場合もありますが、必要な場合には、コピーを取った上で、取引先から頂いた名刺も渡したほうが良いのか上司に質問してください。

・会社の経費で購入した書籍などは、会社のものなので返却してください。
| 退職の時に返却するもの・受領するもの | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
退職の時に返却するもの・受領するもの 退職日までに確認を
会社に返すべきものを返していなかった、
会社から受け取るべきものを受け取っていなかった、
残念ながら、良くあることです。

手続きに必要な書類がないことで、受け取るべきものを受け取っていなかったんだ!と、気付くケースが多いと思います。

個人情報保護法施行後、個人情報に関わるものセキュリティレベルはあがっていますので、情報の持ち出しは、出来ない状態だと思います。

以前なら、仕事を持ち帰って自宅でする方も多かったので、退職後に、資料のファイルが出てきたけど、今さら、前の会社に持っていけないし、かといって捨てられるようなものでもないし、どうしよう・・・と、途方にくれる方もいましたが、現在はそんなことはできない、あなたには当てはまらないと、信じています。

あなたが返すべきものを返していないというケースは心配しなくても良いと思います。

なので、会社から受け取るべきものを受け取っていないケースが多いと思いますが、
中には、確かに渡しました!と逆ギレされたり。嫌がらせのように、(再)発行に時間がかかる会社もあります。(ルーズな会社だったり、円満じゃない退職の場合に多いです)

すぐに手続きが出来なくて、不便なのはあなたなのですし、あれとこれを返さなかったと、後から言われるのも、気分の悪いものです。退職日までに、会社に返すもの、会社から受け取るもの。どちらも確認してくださいね。

会社によっては、社内書式に、提出物(返還物)・受領物チェックシートという書式があると思いますので、そういったものがある場合は、会社のものを優先的に見てください。
| 退職の時に返却するもの・受領するもの | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。