職業訓練校 その8 受給資格が全くない場合の職業訓練校
雇用保険の受給資格が全くない、ちょっとわかり難い表現ですが、会社がどうしても加入しなかったり、労働時間が週20時間未満だったりして、雇用保険に加入できない方を指します。
他には、雇用保険に加入していたけれども、加入期間が足りないという場合も考えられますね。

そういう方が職業訓練校に入学できないかというと、そうでもありません。
職業訓練校に入学したからと言って、失業保険をもらえるようになる訳ではありませんが、
ひとまず、職業訓練校に入学することは可能です。

受給資格者と違い、失業保険がもらえないので、
職業訓練校に行ってる間の生活費をどう工面するか、が問題になります。

職業訓練校は、9時から17時に近い時間帯で、授業があるので、
それを縫ってアルバイトというのも、かなり大変かと思います。

ただ、支援が全くないという事もなく、

ハローワークから職業のあっせんを受けることが適当であると認められる、就職困難者の場合、
ハローワークの指示により、公共職業能力開発施設の行う職業訓練を受講する場合に、都道府県が訓練手当を支給し、就職促進を図る。という制度があります。
「障害者」、「母子家庭の母親」「45歳以上」の方などが、該当するといわれています。

訓練手当には
基本手当(居住地で異なる、訓練を受ける期間に応じて支給)
受講手当(訓練1日につき500円)
通所手当(訓練校までの距離が2kmの場合の交通費)
寄宿手当(扶養家族がいて別居し寄宿した期間に応じて支給)

があり、失業保険の受給資格者が職業訓練校に通う場合と、ほぼ同程度の待遇です。
(基本手当は、東京の1級地で4,310円なので、少ないなぁ。という気はします)

ハローワークによっては、そんな制度知りません。というところもありますが。
法律で規定されていることですので、自信を持ってぶつかって下さいね。

窓口の方がシラを切りとおすようであれば、(本当に知らないという、情けないケースもあります)
雇用対策法施行規則、第2条というのをご覧になったことはありますか?と、追求してください。(こようたいさくほう せこうきそく、と読みます)

使える制度は、使いましょう。
| 職業訓練校 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その7 退職前に職業訓練校に申込める?
在職中に職業訓練校に応募したい!というのは、裏を返せば、退職後すぐに職業訓練校に入学したい、失業保険も受給する予定。という事でよいんでしょうか?
雇用保険の加入期間等は満たしている、在職者の方という事で、話を進めます。

戦略的退職というか、職業訓練校に学びたいコースがあるなら、これはかなり有効な手段だと思います。

退職前(離職前)に職業訓練校に応募することは可能です。
中には、離職者しか申込めないコースもあるようですが、

訓練期間までに離職(退職)する見込みであれば、応募できる。
というのが、通常の運用です。

ただ、応募と入学は別なので、

職業訓練校の入学時に、失業保険の受給資格が発生していないと、入学取消になると思ってください。

失業保険や諸手当で、在校中の生活の保障をしますから、頑張って技能を身につけて、再就職してくださいね。
というのが職業訓練校の使命なので、こればっかりは仕方のないことでしょう。

では、実際の手続きですが。

(1) 情報収集(パンフレット等)
(2) 出願時期、応募締切を確認した上で、入学したい職業訓練校を決定。(退職可能時期から、消去法で選ぶという手もあります)
(3) 受講申込書、(パンフレットに付いてます)顔写真(3×2.5)の準備
(4) ハローワークにて求職の申込み
(5) ハローワークの相談窓口にて必要書類提出

求職の申込みは、退職者(離職者)も在職者も、どちらもできるようになっています。
私は、職探しクラブの一員です。というアピールで、職業訓練校の応募資格です。
求職の申込みに、雇用保険被保険者証は必要ありません。職員の方に尋ねられたら、退職予定者で、まだ持っていない旨を述べましょう。

職探しクラブの会員証が、ハローワークカードです。
この会員証を使って、この人は、いつ、どこの訓練校に応募しましたよ等々の情報を管理するのです。
職業訓練校に合格した場合の手続きにも使用しますので、紛失しないようにお気をつけくださいね。

あとは、試験(入校選考など呼び名は様々です)に合格して、退職して、入学なんですが。

入学資格の、受給資格者であることも満たさないといけないので、
離職票を手に入れ、ハローワークに提出しておかなくてはなりません。
遅くとも、訓練開始の前日までです。

離職票を手に入れるには、退職後10日程かかります。
(私は人事部が適当だったので、17日かかりました)

退職前に、職業訓練校に応募し、合格できた。退職もできたのに、離職票の提出が間に合わず、入学取消(涙)なんて事のないよう。
ゆとりを持ったスケジュールを組んでくださいね。
| 職業訓練校 | 00:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その6 就職基礎能力速成講座って?
本当に、これは35歳以上の方、ごめんなさい!としか言いようがないのですが、

35歳未満の方おめでとうございます。

実は、35歳未満の方を対象に、「就職基礎能力速成講座事業」※というものがございます。公共職業訓練の一種です。

「就職基礎能力速成講座」とは、若年層の就職を支援するため、厚生労働省認定のYESプログラムを取り入れた、企業が求めている、就職基礎能力を高めるための講座です。

内容を見てみますと…挨拶と話し方、来客の対応、まぁ、新人研修ですね。
多分、お辞儀の角度は無いものと思われますが…、受講していないので何ともいえません。(潜入してみるか…)

基本といえば基本ですが、意外とできていなかったり、忘れてたりしますし、
中途入社を繰り返したり、アルバイトが多かったという方にもおススメです。

基礎は学んでおいて損をすることはない!!!とハローワークの職員の方が力説されてました。(たいてい定員割れのようです)

期間や内容は主催する自治体によって異なりますが、5日間〜10日間というところが多いようです。
総受講時間は50時間が目安ですが、36時間というところもあったので、ご自身のハローワークで確かめてください。

受講資格としては、
1. ハローワーク・ジョブカフェに求職申込みをしている
2. 35歳未満の方
  です。

自治体によっては、30歳未満とされているところもありますが、35歳未満なら制度の運用上、断れないんじゃないかと思います。
35歳未満の方は、選択肢の一つに入れてください。

受講の特典としては、
(1) 給付制限解除
(2) 受講手当(1日500円)・交通費ももらえる。(テキスト代は自己負担、1,000〜2,000円程度です)
(3) 受講後に公共職業訓練を受けることも可能

つまり、自己都合退職で給付制限のある方でも、
「就職基礎能力速成講座」を受講すれば、受講開始日から、給付制限が解除されます、(失業保険がもらえる対象になります)
「就職基礎能力速成講座」を受講しても、職業訓練校への入校は可能です。3ヶ月コースにしか入校できなかったとしても、
無収入期間をスキップできるのは、おいしいんじゃないでしょうか。

職業訓練校に入校するに当たっても、社会人生活の基礎(「就職基礎能力速成講座」)は、学んだので、
応用を学び(公共職業訓練を受けて)実際の就職を確かなものにしたい!というのは、職業訓練校の志望理由としても、筋が通ると思います。

もしかしたら、あなたの自治体では、締切になっているかもしれません、ごめんなさい。

予算配分では、全都道府県となっていますが、秋田県・茨城県・群馬県・山梨県・福井県・鳥取県・島根県・徳島県・高知県・大分県では、開講が確認できませんでした。
(情報お持ちの方、教えてください)

「就職基礎能力速成講座」を受けてしまったばっかりに、給付日数が足りなくなり、訓練延長給付が受けられなくなった、という事が無いように、
職業訓練校の入学も視野に入れている方は、スケジュールを綿密に考えてください。

※−「就職基礎能力」とは、半数以上の企業が採用に当たって重視し、基礎的なものとして比較的短期間の訓練により向上可能な能力、「コミュニケーション能力」「職業人意識」「基礎学力」「ビジネスマナー」「資格取得」を指すそうです。
| 職業訓練校 | 03:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その5 重要なのは筆記試験?面接?
応募書類に関しては、自分でどうこう努力する余地はありません。今さら会社都合退職にはなれませんから…。(ゆえに、書類選考のみのコースは、退職理由・年齢の勝負でしょう)


3ヶ月のコースの試験(入所選考)は、ほぼ面接のみなので、面接が重要なのは言うまでもありませんが、

どうやら、6ヶ月以上の、面接+筆記試験、実技試験の場合でも、面接が重要なようです。

面接で聞かれるのは、
・志望動機
・これまでの仕事との関連性
・そのコースを受講することで、再就職につなげられるかどうか
が多いようです。

就職が困難な人に知識や技能を身につけさせて、再就職しやすくするのが、職業訓練校の役割だと踏まえると、
ご自身の模範解答が作りやすいのではないかと思います。

職業訓練校は、あくまでも過程で、ゴールは再就職です。
再就職の為に、なぜ職業訓練が必要なのか、どうしてこのコースでないとダメなのかを力説できるかがポイントだと思います。
淡々と話すよりも、抑揚をつけて、熱意を込めてください。

競争率3〜7倍ともなると、職員の方もたくさんの面接をされます。1人あたりの時間は、5〜10分です。

後で、応募書類を見て、この人ってどんな人だったっけ?と思い出してもらえないようでは、厳しいです、
抜群の話術やインパクトに自信アリ!という方は別として(非常にうらやましいです。)
アピールはあんまり得意じゃないという方には、スーツ着用をおススメします。

試験会場では、浮くかも知れませんが、
普段着で面接・試験に挑む人が多いので、一歩抜きん出るチャンスでしょう。
スーツ=社会人の身だしなみという職場の方々ですので、悪印象になるとは、考えられません。

これまで、仕事でスーツを着ていなかったという方は、新たに購入される必要はありません。再就職の面接に挑むつもりで、ご自身がベストだと思われる服で、試験に臨んで下さいね。

もし、不合格でも落ち込むことはありません。2回目の受験の方が合格しやすくなっているそうなので、再チャレンジです。

若年者の方は、1度は職業訓練校に落とされるものと仮定して、スケジュールを組んでください。2回目で合格したけれど、所定給付日数が足りなくて、訓練延長給付が受けられなかった(涙)ということも避けられます。

筆記試験の内容ですが、志望するコースにより様々です。「中学校卒業程度の数学と国語」が多いようですが、「知能テスト」というところもあるようです。

30歳未満の方向きとされる、1年2年といったコースでは、「高校卒業程度の筆記試験」が課されることもあるようです。

職業訓練校によっては、試験科目や過去の問題を公開していることもありますので、気になる!という方は、調べてみてください。

大切なのは面接、やる気アピールです!

ご健闘お祈りいたします。
| 職業訓練校 | 00:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その4 職業訓練校に受かりやすいのはどんな人?
ご自身が受験を考えているコースの募集要項を、じっくりご覧下さい。
若年者向けのコースです、とか、中高年者向けのコースです、パソコンの簡単な操作ができる方、などと書いてありませんか。
はっきり、中高年者向きではありません。とか、45歳以上60歳未満を優先する場合もあります。と書いてある場合もあります。
当然、この条件にあてはまる人から合格していきます。

一般的には、年齢離職理由重要とされています。
やはり、ここでも年齢の高い方や会社都合退職の方は優遇されます。
再就職のために頑張って下さいね!とハローワークからの声援が聞こえてくるようです。

職業訓練校の願書に、離職理由を記入する欄もあります。
非自発的離職その他のどちらかに丸をするようになっています。一目瞭然ですね(苦笑)

では、若年者で、しかも、自己都合退職した私は、職業訓練校には受からないんでしょうか?
それが、一概にそうとも言い切れないようです。(ちょっと安心)

就職支援コースマスターコース緊急再就職促進訓練のように完全に中高年向きなものはいたしかたないとしても、(緊急再就職促進訓練に関しては、欠員が出れば若年者・自己都合退職者でも、大丈夫なこともあります。)
そうでなければ、年齢層がいびつになるのも良くないので、ある程度は20代・30代の席も用意されているそうです

また、所定給付日数がどれくらい残っているかでもチャンスが生まれます。
以前は、失業期間の長い方が優先されていたようですが、所定給付日数が一定以上残っていないと、訓練延長給付が受けられなくなったこともあり、
所定日数が訓練延長給付を受けられる程度残っている(早めに職業訓練校に志願した)方が優先される傾向にあるようです。
だらだら、失業保険をもらわずに、職業訓練校に行く気のある人は、さっさと志願するように、失業生活を満喫しようなんて、許さん!ってことでしょうか。

となると、所定給付日数がたくさん有る(訓練延長給付を受けられる程度に残っている)状態で、入所選考を受けたいものですが、
あなたが退職する時期には、めぼしいコースが無いかもしれません。

在職中で、退職後、職業訓練校への入校を考えてらっしゃる方には、自分の狙うコースの開講がいつか?応募締切はいつか?を確認したうえで、退職スケジュールを組んで頂ければと思います。
(入校の2ヶ月前くらいに、応募が締め切られるケースがほとんどです。1年以上のコースは、ほぼ4月からです、半年は4月、10月。間をぬう様に1月、7月です。)

以前は、訓練延長給付を受けるために、認定日飛ばしやアルバイトという技が使えましたが、※普通の方には必要ない知識ですので、続きの方にまとめてます。興味のある方だけどうぞ。
現在では、非常に危険だと思います。もちろん、アルバイトで2・3日不支給になるのは、自然な事ですが。

出願時点で、訓練延長給付の対象外と判明している場合、受講開始日までに訓練延長給付が受けられるよう、支給日数の操作に成功したとしても、ハローワークから受講指示がでないことがあります。
(受講指示が無ければ、訓練延長給付も受講手当も交通費の支給もありません)
              職業訓練校の試験で重要なのは、面接?学科試験?
続きを読む >>
| 職業訓練校 | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その3 職業訓練校を受験する前の注意点って?
公共職業訓練を受けるに当たっての注意事項ですが、

3ヶ月のコースは基本的に面接のみですが、
6ヶ月以上のコースには、面接に加えて、学科試験があります。さらに、実技試験のあることも…。ITビジネス科とか、自動車整備科の実技試験って、何するんだろう?(ご存知の方教えてください!)

・職業訓練を受けたら、1年間他の職業訓練を受けられません
例外的に受講できる場合もあります。ただし、基礎コースを受けた後に、上級コースは受けられますが、上級コースを受けてから、基礎コースは受けられません。上級・基礎については、期間で判断してください、例、3ヶ月コース修了後6ヶ月コースの受講は可、6ヶ月コース修了後3ヶ月コースの受講は不可)

・訓練延長給付を受けるには、一定の要件がある。

なぜか、職業訓練校に行っている間は、失業保険はずっともらえる!という事だけは、ご存知の方が多いのですが(苦笑)

ハローワーク語だと、基本手当の訓練延長給付といいます。

初耳な方に、もう少し説明するならば、訓練延長給付とは、
職業訓練校に行っている間に、失業保険が切れちゃう場合は、その講座が終わるまでは、失業保険をもらえるようにしてあげますよ、という制度です。(正確には、開講の待期・受講中・受講後ですが、待期・受講後に関しては対象者が少ないため、スルーします)

こういう制度がないと、給付日数90日の人は、職業訓練校に入校できたはいいけれど、失業保険が切れてしまって、勉強に専念できない、ひいては再就職に結びつかないことになってしまいます。

再就職して、税金を払ってもらわないと国も困るのです。

失業保険が切れないように、なので、もともと失業保険の対象でない方や、受講開始日時点で、失業保険が切れている方は、
訓練延長給付の対象になりません。

※受講開始日に支給残日数が1日以上あるかどうか。ということは、必ず確認してください。

この後が、ちょっとややこしいのですが、
職業訓練校に通っている間に失業保険が切れる人、みんながみんな救済されるかというと、そうともいえません。

例えば、Aさん(会社都合退職・雇用保険加入歴12年、退職時年齢35歳)で考えると、所定給付日数が240日です。
会社都合退職なので、受給手続きはスムースです、退職後1ヶ月もすると、1回目の失業保険が振り込まれます。
順調に失業保険をもらい続けたAさんが、あと1日分は失業保険がもらえる!という状態で、職業訓練校に入ったとしても、
訓練延長給付の対象にならないことがあります。

訓練延長給付だけが目当てで、ギリギリまで粘って、時には日数を操作して、職業訓練校に入校する人があまりにも多かったため、

受講開始日に支給残日数が3分の1以上ないと、訓練延長給付の対象にならない(90日・120日の方は、1日以上、150日の方は、31日以上)というルールを設定しているハローワークもあります。

この場合、Aさんは、支給残日数が81日以上ある状態で、職業訓練校に入学しないと、訓練延長給付の対象になりません。

大原則どおり、所定給付日数が何日であろうとも、受講開始日に支給残日数が1日以上あれば、それでOKのハローワークもあります。

御自身のハローワークは大原則派、特殊ルール派どちらなのか、必ず確認してくださいね。(特殊ルール派の場合は「続きを読む」へどうぞ。)
         
             職業訓練校に合格しやすいのは、どんな人?
続きを読む >>
| 職業訓練校 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その2 職業訓練校には、どんなところがある?
職業訓練校には、都道府県によるものと、雇用・能力開発機構によるものがあります。
(1)都道府県によるもの
技術専門校、職業能力開発校という職業訓練の専門施設で行います、職業訓練校という名称のところもあります。
期間は2年1年6ヶ月が中心です。
入校時期は、ほとんど4月、(1年、2年のコースはかなりの確立で入校時期が4月です)

(2)独立行政法人 雇用・能力開発機構によるもの(独立行政法人 雇用・能力開発機構東京 雇用・能力開発機構大阪のように、各都道府県にセンターがあります)
ポリテクセンターと呼ばれる、職業訓練専門の施設で行います、通称ポリテク。○○センターという呼ばれ方なら、ほぼこちら。
アビリティコースという6ヶ月の職業訓練が中心です。
緊急アビリティコースとして、3ヶ月というものもあります。

離職者が多すぎるのか、最近では、雇用・能力開発機構の委託を受けた民間の専門学校で行われることもあります。

(1)と(2)どちらのコースにもメリット・デメリットはあると思います。

(1) 技術専門校の場合
・受講期間が長いので、確かな技術・知識が身につけられる
・入校時期が限られている
・目新しいコースは少ない

(2) ポリテクセンターの場合
・受講期間が短期間なので、それだけでは、就職に結びつきにくい
・民間委託等もあり、コースの種類が多い
・3ヶ月+1ヶ月という、職業訓練+企業研修のコースもある。

以前は、技術専門校はブルーカラー向き、ポリテクセンターはホワイトカラー向きといわれていましたが、
どうなんでしょうか…私の見ている限りでは、そうとも言い切れないというのが感想です。
各都道府県によって、本当に千差万別です。その地域のお国柄もあると思います。

変な思い込みで、あなたの希望コースを見逃してしまうのは惜しいので、どちらも視野に入れて調べてください。
技術専門校には、各都道府県のホームページから、
ポリテクセンターには、雇用・能力開発機構のホームページから、ご自身の都道府県のセンターにアクセスしてください。


訓練生募集ですとか、訓練コースの案内というところをじっくりご覧下さい。
私がもらったパンフレットには載ってるのに、HPの更新はまだしてないの?と焦るくらい、更新の遅いところもあります。

技術専門校のコースに関しては、ハローワークに資料が完備されていて、職員の方も把握されているのですが、
ポリテクコースに関しては、ハローワークに完全な資料がありません。

ポリテクコースの場合、突然、開講が決定することもあり、ハローワーク側にパンフレットがなく説明が受けられなかったり、募集期間が非常に短期間な事もあります。
こまめにホームページで情報収集されるか、近ければ、ポリテクセンターに乗り込む、のもありですが。
求職活動しながら、ハローワークにまめに顔出しするのが、一番簡単な気もします。

予算消化の関係か、突発的な開講2月・3月に多いようです(苦笑)
友好的な職員の方は、○日位には、資料が届くから、その頃また来て!と教えてくれます。

いや、早く、職業訓練でも受けて、さっさと働いてね!ってことなのかも。
職業訓練校を受験する前の注意点は?
| 職業訓練校 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
職業訓練校 その1 お金をもらいながら勉強できる?
ご存知の方も多いと思いますが、職業訓練校とよばれているのが、その答えです。
(現在では、公共職業訓練校以外にも、委託コースが多い為、職業訓練とだけ呼ばれています。職業訓練校の方が、なじみが深いようなので、以下職業訓練校で統一します。)

職業訓練校のメリットは、大きく3つ

(1) 職業訓練校に通っている間は、失業保険がもらえる。

(2) 受講料は無料(テキスト代、実習に必要な作業服・工具等は自己負担です)

(3) 給付制限解除

メリット
・実践的な知識・技能の習得を目的とするものが多い。
・職業訓練校の中には、年・年という、コースも存在します。再就職の為2年間も勉強できるというのは、かなり、うらやましい話だと思います。
・通学した日は¥500の受講手当、交通費(通所手当)が支給される。※1
職業訓練校に入学した時点で、給付制限が解除される。
・認定日の手続きが簡単になる。(月末が認定日となり、手続きは職業訓練校で代行)

デメリット
・長期コースへの入学時期は限られている(大抵4月入学)
・人気のあるコースは、当然、競争率が高い
・出願可能時期に制限がある。(失業保険をすべてもらい終わった人でも、入学可能です、失業保険をもらいながら、職業訓練校に通おうとすると、入学するタイムリミットがあります)

そのほかには、
規則正しい生活が送れる、共通の目的を持った友人ができる、職業訓練校とハローワークが連携して、就職斡旋がある。等があります。

面白そうだなぁ、これならいいかもなぁ、というコースがある方には、おススメです。
ハローワークの窓口で職員の方に相談してください。

※1 平成21年3月〜平成24年3月31日までの受講手当は日額700円です。

職業訓練校には、どんなコースがあるの?
| 職業訓練校 | 00:57 | comments(7) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。