退職者の心構え その3 辞めるって言ったからには辞める
退職の意思を告げると、会社側から何らかのアクションがあります。(無断欠勤1ヶ月、という人でもない限りは。)

もちろん、あなたが貴重な人材だというのもあると思いますが、
上司の人事管理術、評価にも関わってきますので、向こうも必死です。考えられるのは、

1. 退職の意思をまともに受け取ってくれない
2. 昇給など待遇改善を匂わせて、踏み止まらせようとする
3. 社内の恩人に説得させる
4. 『次の人が決まるまで』『人材が育つまで』と、退社時期を延ばさせようとする

・・・うーん、例えがスラスラでますね(苦笑)全部、私がされたことです。
会社の規定上は2週間前の通知(従業員間の暗黙の了解で1ヶ月)で良かったんですが、仕事を引き継げる人がいなかったので、引き継いでくれる人を育てる期間も含めて、3ヶ月後に辞めさせてください!と切り出したのですが、

本当に心理戦でした。

やっぱり、恩のある人に引き止められたり、「自分が辞めたら、同じ係の人に迷惑かかる」と思うと。信頼を裏切ってしまった感じがして・・・。とんでもなく酷い事をしているように感じました。

もう辞めるんだ〜と言う立場だと、ちょっぴり感傷的になって、これまで嫌だったことにすら同情してしまって、なんか大丈夫そうじゃない?辞めるの止める?と弱気な考えも浮かびましたが、

・・・違うんですよね。

もしも、会社に何の不満もなくて、ずっと働いていけるのならば、
そもそも「辞めます!」って言わずにすんでますよね。

会長や社長が亡くなっても、会社は続いていきます。代表取締役レベルでも、そんなもんなんです。

これまでに退職した人がいて、会社が潰れたか?潰れてませんよね、1.2ヶ月くらいゴタゴタするくらいです。

大丈夫、あなたが辞めても、会社は潰れません。迷惑がかかるのは確かですが、あなただってこれまでに誰かの退職のカバーをしてきたはずです。

第一、「辞めます。」と言ってしまった以上、今の会社に、あなたの安住の地はありません。退職予備軍のレッテルを貼られてしまっているのです。辞める気でいる(いた)人材に、重要な仕事を任せるほど、あなたの上司は心の広い方なのでしょうか?

活躍できる場所は、転職先です。今の会社ではありません。

もう、会社にはいられなくなる。その覚悟がない限り「辞めます。」とは絶対に口にしないでください。

「辞めます。」と口にしたからには、キッチリと仕事を辞めて、次の場所に向かいましょう。新しい職場にも、あなたを待っている人がいるのです。

辞めたい心の灯が消えそうになったときは、「どうして、仕事をやめたいのか」を書き出した紙をもう一度見てください。
| 退職者の心構え | 02:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
退職者の心構え その2 沈黙は金
退職することは、上司以外に話さないで下さい。

同僚への申し訳なさもありますし、早く引継ぎに取り掛かりたいという思いもあるでしょう。良い転職先も見つかり、気分爽快!という方も多いでしょうね。(笑)退職の話をしたくなる気持ちは、ものすごく分かりますが、ぐっとこらえてください。

やっぱり、退職しそうな人が出ると、職場の士気は下がります。特に、あなたの同期や同僚など、比較的立場の近い方、あなたに仕事面で面倒を見てもらった後輩などは、気もそぞろになります。

あなたの退職の影響は、あなただけではありません。現在の仕事、今後について、みんなが考えるキッカケになるのです。

話しても良いタイミングになれば、上司から指示がありますし、引継ぎに向けての作業の中で、自然と伝わるものです。

あなたが会社を辞めるらしい・・・と聞きつけると、いろんな人がやって来るでしょう。

興味本位の人、あなたを心配してくれる人、本当に様々です。

どうせ辞める人と話しているんだからと、みんなの話は愚痴っぽくなりがちですが。

あなたは、会社・上司・同僚・後輩・業務など、仕事に関する悪口・愚痴を述べることは避けましょう。

どんなに話をデフォルメされても、退職したあなたには、わかりませんし、訂正のしようもありません。

ガス抜きのために、愚痴を聞いてあげるのは良いことですが、あなた自身が、会社の悪口を言ったと取られるような言葉は、述べない方が無難です。

退職すると分かったあなたに、会社の愚痴を言う人は、会社を辞められない可能性の高い人です。

あなたは、会社を去れるわけですが、相手にとっては、働き続ける会社です。『いや、でも、この会社の○○という点は良いと思いますよ。』と言ってあげてください。

そんなの、ムリ。会社にいいところなんてないよ!という方、退職が決まった後なら、今いる会社の美点は見えてくるので、フォローの言葉にも困らないと思います。
| 退職者の心構え | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
退職者の心構え その1 あなたはもう他人です。
辞意を告げたら、あなたはもう、会社の人間ではありません。

在籍もしていますし、もちろん給料も発生しますが、これまでと同じ待遇は無いものと思って下さい。

辞意を告げた以上、重要な仕事を任されることは有りませんし、任されても困ります。現在、抱えている仕事は、早々に引き継ぎましょう。

営業会議・ミーティングなど、中長期的に会社・自部署の動向が察知できるものには、参加しないことが望まれます。私は社長談話や次期営業戦略などのビデオ視聴は遠慮しました。

あなたの退職意思を聞いた上司から指示があるのが、普通だと思いますが、指示の無い場合は、自分が参加しても大丈夫なのものかどうか、上司に確認して下さい。

大した会議やビデオじゃないことが多いのですが(苦笑)後から痛くもない腹を探られるのは嫌なものです。

これまでに、懸命に仕事をされて来た方ほど、辞意を告げた後、有休消化期間に入るまでを持て余されるようですが、退職予備軍に望まれている事は、業績を上げることではなく、

業務のスムースな引継ぎや、情報漏洩をしないこと位です。後輩や同僚のサポートに徹しましょう。
| 退職者の心構え | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
RECOMMEND
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵!
最新版 失業保険150%トコトン活用術―辞める前に知っておきたい76の知恵! (JUGEMレビュー »)
日向 咲嗣
失業保険−聞いたことある!
もらい方−知らない(><;)
という人にぴったり。
基礎知識〜裏技まで、バッチリ載ってますよ。